擬似ホームボタンとは

iPhone Xのリリース当初最も驚かれたポイントのひとつが「ホームボタンの廃止」です。iPhoneのインターフェースとして長年君臨し続けたホームボタンの廃止は操作性に大きな影響を与えました。そのため、ユーザーの中からは未だにホームボタンの復活を熱望する声も少なくありません。しかし、これから先もiPhoneにはホームボタンが復活する動きは見られません。

しかし、そのような人たちへの配慮をApple社は忘れていません。所謂「擬似ホームボタン」と呼ぶべき機能が搭載されています。それが「Assistive Touch」です。こちらは設定アプリから一般にとび、アクセシビリティの中にあるAssistive Touchをオンにすることで利用することができます。これをオンにすると画面上に白い丸が表示され、今までのホームボタンのような役割をしてくれるのです。

また、この機能の特徴として設定で様々な機能を割り振ることが出来るということが挙げられます。例えば、シングルタップはホーム画面に戻る、ダブルタップはマルチタスクなど、様々な使い方に応用出来るので便利です。さらに、ホームボタンが搭載されている機種を使っている人でもホームボタンが物理的に故障してしまうことがあります。そのような時にもこの機能を使えば不自由なく利用が可能になるため覚えておくのが良いでしょう。

Copyright © iPhoneの便利機能を使いこなそう!, All rights reserved.