ダークモードについて

iPhoneのユーザーインターフェイスの特徴として、白を基調にしている非常に明るい色使いのデザインが挙げられます。しかし、このような明るい色使いは暗闇の中で眩しすぎたり、目に痛かったりすることもあるのです。特に深夜、急な連絡でiPhoneを見る機会がある時などにはそのような経験をしたことがあるという人も少なくはないでしょう。

そのような時の対処法としてiPhoneは「ダークモード」を搭載しています。こちらは白い背景が黒へと反転するため、目に優しいという特徴を持っているのです。設定の仕方は設定アプリの一般からアクセシビリティ、ディスプレイ調整、色を反転へと飛び、反転(スマート)をオンにするだけです。

さらに簡単な切り替え方法として、アクセシビリティのショートカットを追加する方法があります。こちらはコントロールセンターからコントロールをカスタマイズを選び、そこから追加することが出来るので、次に一般からアクセシビリティ、ショートカットへ飛び、色を反転にチェックを入れてください。こうすることでコントロールセンターから切り替えが可能となるため、寝る前などに設定することが可能になり、急な連絡にも目を痛めずに済むのです。

Copyright © iPhoneの便利機能を使いこなそう!, All rights reserved.